不動産業者との媒介契約

MENU

不動産業者との媒介契約

不動産を売却する際、依頼をする仲介業者を決めたら、
次は「どのような契約をするのか」媒介契約の取決めを行います。

 

不動産売買は金額が大きくなることから、そこに纏わるトラブルも少なくありません。
従って、媒介契約は必ず書面で取り交わしを行い、売主と仲介業者との権利と義務をはっきりさせることで、
不要なトラブルを回避することが可能です。

 

仲介業者と結ぶ媒介契約には、主に3つのタイプに区分されています。

 

「専属専任媒介契約」は、仲介業者側と売主側の両者が専属の契約を結ぶことで、
お互いの責任と義務をはっきりさせるタイプです。

 

仲介業者も売主が他の業者に浮気をすることが無い為、責任を持って最優先で売り先を探します。
また、「専属専任媒介契約」であると、売主は自分で見つけた相手とも契約をすることが出来ません。

 

それに対して「専任媒介契約」は、売主が売買契約を結んだ仲介業者以外に依頼をすることは出来ませんが、
自分で見つけた相手と契約をすることは認められています。

 

最後に「一般媒介契約」は、仲介業者と売主、双方の義務が最も緩い契約といえるでしょう。
売主は複数の仲介業者に依頼することが可能なことから、
通常、仲介業者は「一般媒介契約」を結びたがりません。

 

最適な売買契約の選択方法は、売却を考える住宅の条件によって決められます。
人気が集まりそうな売り物件であれば、「一般媒介契約」で広く依頼する方がメリットもあります。

 

それに対して、売却が難しいような物件は、「専属専任媒介契約」が適しています。